人間界に降りたくない理由!


霊界(故郷)の住人は、みな人間界に降りるのを嫌っている。

それ程、人間界は住みにくいと云うことなのだ。

故に、人間界に降りる魂は特別な場所を提供されている。

特別な場所とは、故郷より遥か上である。

ここは大変明るく、空は高く青々と澄み切っており空気の綺麗な所なのだ。

ここに棲む住人はニコニコと笑顔の絶えない明るく裕福な方々ばかりなのである。

また、食べ物も故郷(霊界)と違い豊富で何でも自由に食することができる。

住居もお屋敷と見紛う程の、と云っても過言でない程、立派な造りになっている。

当然、悪人などと云う悪も全くいない。

と云うのも、ここに棲む住人(魂)が人間界で殺傷事件(肉体)などを起こすと殺された魂が死後 目覚めた場所(怨霊の棲家)から特別優遇された場所まで犯人(魂)を掴まえに逝き連れ去ってしまうからだ。

では、なぜ悪のいない特別区より、故郷の住人が人間界に降りるのをそれ程嫌っているのか?

と云えば、故郷は身内に囲まれ平和なところだからだ。

その平和な場所からでるのを嫌がっているのだ。

それに人間界に降りると殺傷事件や犯罪に巻き込まれる可能性が高くなるからだ。

と云ってこれでは、人間界に降りるものが居なくなる、と危惧した結果特別な場所が造られたのだ。

そして、殺されたものは死後復讐できる場所を提供されるようにもなった。

それが、死後目覚めた怨霊の棲家と云うことになる。

このような仕組みができたのが、今から2,3百年前ではないかと思われる。

と云うのも、現在の人間にとり憑いている怨霊は、殆どが2、3百年前に殺されたものたちばかりだから。

また、とり憑くことが出来た、と云うことは、殺されたものが怨霊にとり憑かれていなかったからだ。

例えば、現在の人間が殺されたからと云って、殺した相手にとり憑くと云うことなどできない。

それは、既に殺された人間の魂は怨霊にとり憑かれ身動きできないようにされているからだ。

それに、ましてや、魂は自分の身体が人間界に誕生したことすら知らないのだ。

故に、これでは復讐のしようがないと云うものであろう。

その為、人間界に降りる特別区には悪は全ていなくなり善人ばかりになっているのだ。

ここまで優遇されても故郷の住人は人間界に降りるのをみな、嫌っている。

故に、堕胎されて喜んではいても、恨むなどと云うことはないと云えるのだ。

結局、人間界に降りたくないと云う理由から特別区が設けられ、殺されたものたちには復讐の場所が与えられた。

それと同時、死後のものは恨みつらみは関係なく、とり憑いても良い、と云われる場所に逝けばダレにでもとり憑けると云うことができるようになったのだ。

それが人間にとっては大変不幸な事になるとは知れずに、だ。





心霊なんでも相談室




inserted by FC2 system